HOME 会社情報 製品情報 サイトマップ ENGLISH お問合せ

ホーム > News&Topics

2016.03.31 記事掲載

日刊工業新聞 2016年3月31日号 6面・モノづくり「挑む モノづくり・ヒトづくり」紙面 に、
弊社取材記事を取り上げて頂きました。

(日刊工業新聞 電子版・「人物」ページにも取り上げて頂いております。
 ご興味のある方は、日刊工業新聞社様の紙面及びホームページよりご覧下さい)


2016年03月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.19 インターツム2013展示会

先日ドイツ・ケルンにて開催されました、「インターツム 2013」におきまして
弊社製品「Neo Drive(ネオ・ドライブ)」を展示致しました。

業界初の無段階角度調節金具ということで関心を持って頂き、
多数のお客様が来場され、高い評価を頂きました。



2013年06月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.13 インターツム2013出展

2013年 5月13日〜16日まで ドイツ・ケルンで開催される
世界最大級の家具産業・木材加工専門見本市、「インターツム 2013」に出展することとなりました。
国内外のお客様に 広く弊社製品を知って頂く良い機会にしたいと考えております。

interzum 国際家具産業・木材加工専門見本市2013 ホームページはコチラ
弊社 出展者情報掲載ページはコチラ (英語)

2013年02月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.07 おおさか地域創造ファンド支援事業採択

この度 株式会社ヒカリは 公益財団法人大阪産業振興機構様 による
「平成24年度 おおさか地域創造ファンド支援事業」 に採択されました。

無段階角度調節金具「Neo Drive(ネオ・ドライブ)」について、
弊社のある大阪・南河内地域の地域活性化に資する事業であると認めて頂き、
大阪産業振興機構様 発行の冊子「地域創造 第6号」にて
弊社の事業内容を掲載して頂きました。

公益社団法人 大阪産業振興機構様
おおさか地域創造ファンド ホームページはコチラ

2013年02月06日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.27 冬季休暇について

株式会社ヒカリは、下記の通り 冬季休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2012/12/29〜2013/1/6

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2012年11月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.09 記事掲載

日刊工業新聞社様 運営サイト 「日刊工業新聞 Business Line」 に、
弊社の無段階角度調節金具「Neo Drive(ネオ・ドライブ)」の情報を取り上げて頂きました。

弊社記事ページへはコチラのトップページの 検索ウインドウにて 「ヒカリ」 と入力、
『ヒカリ、微妙な角度調節できる新機構の座椅子用金具』 からご覧下さい。

(2012/11/7付 日刊工業新聞 紙面にも掲載して頂いております)

2012年11月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.08 記事掲載

産経新聞大阪本社様 運営の情報サイト 「産経関西」 に、
弊社の無段階角度調節金具「Neo Drive(ネオ・ドライブ)」の情報を取り上げて頂きました。

弊社記事ページへはコチラからご覧下さい。

2012年11月08日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.19 新製品 ヒカリNeoDrive

この度 株式会社ヒカリは 新製品、無段階角度調節金具「Neo Drive(ネオ・ドライブ)」を開発致しました。

詳細については近日公開致します。


2012年10月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.09 店舗什器の搬入

当社第2工場におきましては溶接・研磨・板金・パイプ曲げ加工など特殊な品物や、高度な技術を要する品物に対応させていただいております。

その中において家具関係等の別注品の製作も扱っており、建築設計事務所様からの物件から個人のお客様の逸品家具まで幅広いニーズにお応えさせていただいております。

今回かねてよりお付き合いさせていただいております 有限会社マーシーデザインズ様 のご紹介にて、アパレルメーカーの 株式会社イコール様 より発注を頂戴し、製作、納品をしてまいりました。

株式会社イコール様は普段着、生地等の企画、製造、販売を手掛けておられます。
このたび大阪市内に新規店舗をオープンするにあたり、店内にて商品を陳列する什器をということで数点ご相談いただきました。

まず簡単なスケッチをいただき、それをもとに図面化、検討、製作と進めてまいりました。
完成品においてもご満足いただけたようで、早速追加の発注も頂戴致しました。

これからも様々なご要望にお応えし、お客様の満足を得られますよう日々努力してまいります。

株式会社イコール様 ホームページはコチラ
今回搬入先 ナチュラル服&雑貨”TUTIE.”様 ホームページはコチラ
                                          営業部 奥村一彦

%B2%BA%B0%D92.JPG

%B2%BA%B0%D91.JPG

%B2%BA%B0%D93.JPG

2010年09月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.01 新分野への取り組み

日本を取り巻く経済環境は、昨今の株価の下落や円高によりまだまだ予断を許さない状況となり、企業としても生き残りをかけて既存分野の拡充、新たな分野への取り組みが急務となってきています。
弊社の新分野への参入事例として、有限会社ネクストサービス様とのタイアップについてご紹介致します。

有限会社ネクストサービス様は電気工事・ネットワーク工事を中心に事業を展開され、近年においては医療機器販売にも力を入れ実績を上げられています。
今回取引先病院の透析病棟に設置されているテレビ設備の地デジ化、テレビスタンドの老朽化に伴うリプレース商談の中、弊社のパイプ曲げ加工や溶接・板金技術が評価され、テレビスタンド製作の引き合いを頂きました。
既存設備からデザインを一新、設置環境を考慮し圧迫感のないスマートなデザイン、塗装色、そして使い勝手、強度面を考えた設計を行いました。
まずサンプルを製作し操作性、強度面、安全面等各種テストを実施、試行錯誤の結果、試作品の完成となりました。
ネクストサービス様からも好評価を頂き、量産に向けて商談中です。今後横への展開も見込まれます。また今回の経験を生かして介護分野への利用、一般顧客向けへの製品展開も進めて参ります。
                                           設計担当:本田

TV%BD%C0%DD%C4%DE16.JPG
TV%BD%C0%DD%C4%DE42.JPG
TV%BD%C0%DD%C4%DE63.JPG

2010年09月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.09 中国へギヤ出荷

10月8日、中国へギヤをコンテナ3便分輸出致しました。
大型台風が7日に日本に上陸し、8日未明から早朝にかけては当社のある大阪も暴風域に入りましたが、その影響を受けることなく、台風一過の空の下無事に出荷することが出来ました。

不況と言われる中コンテナ3便分もの御注文をいただくことができましたので、納期的には厳しいものがありましたが、社員一丸となって休日返上で生産に取り組んでまいりました。

今後もお客様のご期待に添える生産体制を続けて行きたいと思います。

                                    製造課

CIMG0818.JPG

CIMG0846.JPG

CIMG0866.JPG

2009年10月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19 社内技能資格試験に挑戦!

2009年度は、我が社でも厳しい経営環境を如実に表すものとなった。
サプライムローン問題に端を発した世界的な景気後退により、状況はさらに深刻さを増しつつあるのはほぼ間違いない。景気のさらなる悪化が予測される中にあって、果たして当社はこの状況をいかに切り抜けていくのか。

我が社では「合理化」「コスト削減」「品質向上」など 各生産現場での改善を行うとともに、社員育成を主とした 企業の将来を担って立つ社員教育に力を入れた、職場の長期的資産投資に取組むことを新たに付け加え、行動を行なっている。
教育の一環として、労働基準協会からの案内による 資格又は国家資格など業務に伴う技能講習を身につけることで、社員の自覚と技術力UPを行なう。
HIKARI社内資格も新たにつくり社員の育成に力を注ぎ、組織力の強化を行なっております。

写真は社内検定に取組む1枚の写真です。

%93%8A%89e%8B%40%8E%CA%90%5E.JPG

2009年06月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29 ダブルリクライニング ベッドキット開発

4年前より、TOYOTA HIACE 100系、200系 S-GL用 ダブルリクライニング ベッドキットを 有限会社 SHINKE様と共同開発してきました。
異業種へのチャレンジであり、何度も設計・試作を繰り返しましたが、 関係各位の協力もあり、ダブルリクライニング ベッドキットが完成しました。

特徴としまして、HIKARIの自社商品であるラチェットギヤを用いて、今までには無い業界初のリクライニング機構を備えています。ベッド下部の荷物等も出し入れしやすく、休憩時等の快適性も兼ね備えたベッドキットになっています。
また最近では 200系 ワイド ミドルルーフ用 ダブルリクライニング ベッドキット、200系 ナロー用、ワイド用 フラット アームレスト等、共同開発し大変好評いただいています。 これからもSHINKE様と協力し リーズナブル&ハイクオリティーなアイテムを共同開発していきます。

HIKARIは様々な分野に視野を広げチャレンジしていきますので 宜しくお願いします。

有限会社 SHINKE 様ホームページはコチラ

                            営業部  山口 尚毅

%83x%83b%83h%83L%83b%83g.jpg

004.jpg

025.jpg

2009年05月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27 マーシーデザインズ 島氏講演

毎月1回本社での社員全員の定例会に島氏に来てもらい、講演して頂きました。
今回は 「メーカー意識と新商品開発について」 
解りやすく実例を出し説明してもらって、従業員も大変興味深く聞き入っていた様でした。
毎回島氏との打ち合わせは時間が延びてしまい 予定が大幅に変更になるのですが、いつもの如く、今回の講演会の時間も予定していた時間を超えてしまいました。
島氏の方からも今回は時間の関係から全て話しきれなかったので、機会があればもう一度講演したいとの要望もあり、近いうちに再度講演会を開く事に決定しました。
島氏の(ヒカリ改革プロジェクト)でヒカリがさらに大きく進化して、大阪の発信源になるのも近いうちでしょう。

今回は島さん御苦労さまでした。 また宜しくお願いします。

%8Du%89%89%89%EF%20008.jpg

%8Du%89%89%89%EF%20009.jpg

2009年05月26日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.25 創房 のむら (ベルカ担架) 野村氏来社

b−platz press 100号記念の交流会でお話させて頂いた、「創房 のむら」の 野村氏が来られ、サンプルの依頼を受けました。
「創房 のむら」の野村氏は 簡易担架を製造されていて、今回べッドに付ける付属部品を考えておられて 中々うまく行かず苦労されていた様で、 交流会で会ったヒカリの事を思い出し 急遽来ていただきました。
事前にホームページ等で野村氏の意向が解っていたので、来られる前にすでにサンプルをスタッフが試作しており、見ていただいたところ ご希望通りの出来栄えに大変喜んで頂きました。
次の段取りとしてはデザイナーにデザインをして貰い、ヒカリで完成品を作る事になりました。

今回の交流会で会った野村氏は 介護関係の商品を販売されており、「サンプル一つ作成するのにも本当に大変で、ヒカリさんが協力して頂けるのであれば、色んなサンプルを作成して商品化していきたい」と大変喜んで頂くことができました。
今後ヒカリも 介護商品の販路を増やしていこうと思っています。

創房 のむら 様 ホームページはコチラ

%97%88%8Bq3.jpg

2009年05月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22 マーシーデザインズ (島氏と打ち合わせ)

島さんとの出会いは、大阪の某デザイナーさんからの紹介で かれこれ5年ぐらいに成ります。
会社のホームページ・応接室のデザイン・新商品開発とさまざまな部門でお世話になっています。
特に応接室のデザインに関しては、2泊4日でニューヨークまで備品の買い付けに行った事もありました。 

今回はヒカリの新商品の宣伝広告に関しての打ち合わせで、いつもの様にああでもないこうでもないと予定していた時間よりも1時間程延びてしまいました。
島さんと話をしていると、世間の景気の悪さは気の持ちようで、アイデア・発想性で何とかなるのではと何時も感じさせられます。
今回の広告に関しても いろんな意見が出て、近い内にリリースできると思います。

これからも枠に徒らわれずに、色んな分野で島さんと協力しあい、他には無い新しい物を作っていこうと思っています。

%CF%B0%BC%B0%81%40%93%87%8E%D0%92%B7%89%FC.JPG

2009年05月22日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19 b-platz press 100号突破記念(取材先企業限定)交流会

今回は以前ヒカリが掲載されたb-platz pressの取材先企業の交流会に行ってきました。 
日本一明るい経済新聞の竹原編集長の紹介で、1年ほど前に当社も掲載されました。

大阪市の平松市長が今回は挨拶され、《中小企業の応援団長》を宣言されて大変盛り上がった交流会になりました。
この先の見えない不況の中500名ほどの元気な社長さん達が来られて、いろんな業種の方々と名刺交換をさせて頂きました。
某焼き鳥チェーン店の社長・アナウンサー・自動車販売業者・介護関係等異業種の方々と話をさせて頂き、業種は違っても一つの共通点が有るのに気付きました。
それは、何とかこの大阪を発信源に目新しい商品を出して行きたいとの思いでした。

ヒカリもこの大阪を発信源として、海外商品に負けないより良い商品をこれからも出して行きたいと思いました。 


bplatz%20press%201.jpg

bplatz%20press%202.jpg

bplatz%20press%203.jpg

2009年05月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.12 長期テスト実行!

4年前にビニールハウスの補強パーツの製作を行なって、試作的に台風の最も多いと言われる九州地方大分県で継続使用を行なった結果、強風にも耐える強度が証明されました。
4年間の長期テスト結果を基に積雪地方にも活用できると確信!時間が懸かる商品開発では有りましたが、信頼の措ける商品開発が我が社の誇りと信念でもあります。

開発商品は年配者の方が多い農家で簡単に既存ビニールハウスに設置可能にする事を基本設計に取り込んだ事でも大きなポイントのひとつです。また、特許出願も行いHIKARIの技術革新の一つと成りました。
                                 設計担当:本田

%83r%83j%81%5B%83%8B%83n%83E%83X%8E%CA%90%5E.JPG

%83r%83j%81%5B%83%8B%83n%83E%83X%90%7D%96%CA.JPG

2009年05月12日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11 コンテナ積み込み風景

定期的に中国にコンテナ出荷

世界の生産拠点の中国、今回は上海にギヤーを出荷しました。
近年座椅子は、生産拠点を日本から人件費の安価な中国に移行してきています。
現状の生産は、日本約4割 中国約6割になっており、客先の依頼で中国に輸出する事が多くなって来ています。 
また、安価な中国製のギヤーも中国にて加工されているのが現状です。
但し量販店等は、品質・保証問題から座椅子の心臓部分に関しては、日本製のギヤーを使用して頂いております。
ヒカリのあるこの柏原の企業団地内でも、コンテナはよく見ますが、ほとんどが輸入されてきているコンテナで、輸出する為に会社の前にコンテナが止まる事はまずありません。
どこの会社も安価な中国製の部品(加工品)に押されて苦戦を強いられていますが、ヒカリは日本の[高い技術品質]で中国に対抗して、中国(海外)にギヤー・加工品を現在まで輸出し続けています。
これからも、日本でしかできない技術を生かして、中国では出来ない商品を開発・発表していこうと思っています。

ヒカリは、中国(海外)に負けない企業を目指し日々努力し続けます。

                                 取締役部長 橋田 力俊 

%BA%DD%C3%C5%90%CF%8D%9E1.JPG

%BA%DD%C3%C5%90%CF%8D%9E2.JPG

%BA%DD%C3%C5%90%CF%8D%9E3.JPG

2009年04月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27 made in Japan の信頼とresponseのこだわり

世界不況が深刻化し、減産やコストダウンのことばかりが取り立たされる製造業の環境で、これからご紹介いたします事例は特別なものなのかもしれません。

1年ほど前よりお付き合いさせて頂いております某有名上場企業(建設機材レンタル業)様から照明機器の土台部分(三脚)の設計〜加工までの依頼がありました。
もともとこの1年の間に2機種の照明用架台の加工や部品の加工を受注しており、弊社のパイプ曲げ・溶接・板金加工等の技術は認知して頂いていたのですが、今回は設計からということで、今まで中国製の商品を輸入されていたので、サンプルを1台お借りした所から始まりました。
当初、中国製品と比べれば、コスト的に絶対合うはずがないと、不安でいっぱいでしたが、とりあえず設計段階で、中国製品の問題点を解消すべく、強度UPや使い勝手の良い様に設計を進め、出来るだけコストUPにならないよう、弊社プレス部品を流用するなどの工夫をし、迅速に見積り及び試作品を提出いたしました。
結果、中国製に比べて単価的には全く合わなかったようで、諦めていました。
しかし、後日、見事注文が入り、短納期ではありましたが、納品することが出来ました。

恐らくですが、お客様の発注先決定理由は、made in Japan の品質・信頼と弊社のresponseの速さと商品価値を高めた設計の勝利だと私は思っております。          
                                      担当 山脇


%8EO%8Br%81%401.jpg

%8EO%8Br%81%402.jpg

%8EO%8Br%81%403.jpg

2009年04月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21 恒例の座椅子の寄贈「座椅子喜贈」プロジェクト

「わたしたちは座椅子に関する専門メーカー。座椅子のことで少しでもお役に立てたらと。。。」
そんな想いで「座椅子喜贈」プロジェクトを数年前に発足。少しづつですが地域の皆様へ発信しております。
この度、堺にある介護ステーション オルゴールさんに高座椅子を寄贈しました。

%89%EE%8C%EC%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93%20008%20%8A%E7%89B%95%AA.JPG
ディサービス・宅老所 みぃ・つー担当 吉田 美晴さん オルゴール代表 谷口 松己さん

%89%EE%8C%EC%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93%20003%20%8A%E7%89B%95%AA.JPG
施設利用者さんです。(プライバシー保護の観点から、お顔は隠させていただきました)

オルゴールさんとは、かれこれ六年のお付き合いになります。
私の親類がお世話になり、大変良く面倒を見て頂きました。
私が座椅子の関連の仕事をしているとオルゴールの施設長に話した所、
「利用者の皆様が楽に座れる座椅子を分けて貰えないか」と依頼がありました。
その理由を伺ってみると、
お年寄りの一番お楽しみはテレビを見る事だそうで、一日中見られている方もおられる様です。
高齢者に成ると長時間同じ姿勢で座っていると足腰に負担が掛かって辛く、施設のイスでは満足できるものではありません。
私たちは足腰の負担軽減でき角度調整の出来る「高座椅子」を得意先様の協力と弊社で十台をオルゴールさんに寄贈する事に成りました。(寄贈先 ディサービス・宅老所 みぃ・ツー) 
後日そっと施設をのぞいてみますと高齢者の方が大変喜んで頂きました。

わたしたちは地域と社会に根付いた地道な活動を通じて、数年前から少しずつ活動を広めてきました。小さな活動が多くの皆様に喜んでいただくことの必要性にまだ気づいたばかりです。
この活動を絶やさず続ける事が一番大事な事で、これからも多方面で続けて行こうと考えています。


                                       代表取締役 橋田 成敬

2009年04月20日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17 新規商品の開発と挑戦

世間が冷やかな状況の中でも、スーパーカーと言われる高級外車『フェラーリ』が過去最高の販売台数を樹立させた記事がネット情報に掲載されているのが不思議な事態である。

知人の紹介で外車専門店に連れて行ってもらい高級外車と言われる車両を目の辺りにする。
話を聞くと確かにフェラーリ・ランボルギーニなどの車両が毎月のように販売されているようだ!
世界中で経済が悪化したニュースを日々耳にするが、ある所には『銭』が眠っているようである。
着眼点として目の向け方を変えれば、お金を掛けて同じ高級外車との差別化を図る人たちは意外に多い!

今回『フェラーリ』の中でも比較的に販売台数の多い人気車種『360Modena』をターゲットにHIKARIの技術と協力会社のネットワークを活かし、高級志向に対応するパーツ設計に取組んだ。
市場の調査(パーツ価格)ユーザー思考などを考慮した開発を短期間で実施することとなり精密部品を製作する長野県の協力会社に加工を依頼して生産を可能とすることができた。
商品の精度と芸術的仕上がりは車好きのオブジェとして展示できるほどの仕上がりと言える完成度である。

自社ブランドのメーカーとして異業種分野へ取組みで、今までは設備・ノウハウが無いと諦めていたことへの挑戦で社員全体のモチベーションもUPすることが出来、今後の取り組みに拍車が掛かる結果となった。
                                           ---開発責任者---
%83%82%83f%83i%82R%82U%82O%81%40%83_%83N%83g%20009.JPG

%83%82%83f%83i%82R%82U%82O%81%40%83_%83N%83g%20006.JPG

%83%82%83f%83i%82R%82U%82O%81%40%83_%83N%83g%20002.JPG

2009年04月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.27 冬季休暇について

株式会社ヒカリは、下記のとおり冬季休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2008/12/28〜2009/1/4

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2008年11月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.10 夏季休暇について

株式会社ヒカリは、下記の通り 夏季休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2008/8/13〜8/17

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2008年07月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11 情報誌発刊

大阪産業創造館様 発刊の広報紙 「b-platz press (ビープラッツ プレス)」 6月号が発行されました。
以下、弊社記事ページです。

2008年06月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03 記事掲載

大阪産業創造館様 発刊の広報紙 「b-platz press (ビープラッツ プレス)」 による取材を受け、6月号に ”デザインは力(チカラ)なり” 特集として 弊社記事が掲載されることになりました。

(大阪産業創造館発刊の広報紙 「b-platz press(ビープラッツ プレス)」 は、毎月10日から大阪市内の各主要施設、地下鉄の駅等で、無料配布しています。)


※「b-platz press」のバックナンバー、配布先など 詳しくはコチラ

2008年06月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.01 HIMCO.価格改定とGW期間の受注のご案内

かねてからのご案内の通り
本日(4月1日)溶接事業製品(HIMCO.)の価格改定を実施しました

HIMCO ON-LINE SHOPは2008年5月3日より2008年5月6日までを
ゴールデンウィークの休暇とさせていただきます。

当サイトの商品は 前払い方式で 入金確認後 10日前後で製造および発送となっています。
ゴールデンウィーク前の発送につきましては 4/15に入金確認できた注文まで
とさせていただきます。

それに伴い、2008年4月16日以降に入金確認ができたご注文は5/7以降より
順次発送となります。

お客様からのお問い合わせに関しましては2008年5月2日まで
順次対応させていただきます。
それ以降のお問い合わせに関しては2008年5月7日以降の対応となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承頂けますようお願いいたします。

2008年04月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.01 ゴールデンウィーク休暇について

株式会社ヒカリは、下記のとおりゴールデンウィーク休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2007/4/29、5/3〜5/6

4/30,5/1,2は通常営業となっています。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2008年04月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18 溶接事業製品(HIMCO.)価格改定

日頃より、HIMCO. ON-LINE SHOPのオリジナル商品及びKITをご愛用頂きまして、
心より御礼申し上げます。
さて、近年、オリジナル商品及びKITの材料である「鉄」の価格は年々上昇を
きたしており、また、昨今の原油高による包装資材および運送費などのコストアップが
続いております。
このような厳しい外部環境の中で、当社、並びに製作工場では生産・販売方法の合理化、
技術革新によってコスト吸収に努めて参りましが、従来の価格を維持することが困難な
状況に立ち至っております。

このような状況を踏まえ、オリジナルフットパーツ及び部材の総合的な見直しを
行いました結果、価格改定をさせていただくことといたしましたのでご案内申し上げます。

詳細はコチラよりご覧下さい

2008年03月20日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.17 新聞掲載

産業情報化新聞社様発行  ”日本一”明るい経済新聞(BSJ) (※代表・編集長 竹原信夫氏)
による取材を受け、12月号新聞に弊社記事が掲載されました。


(※TV・ラジオ番組で活躍され、日々企業取材と講演会で活躍されています)

2007年12月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.05 冬季休暇について

株式会社ヒカリは、下記のとおり冬季休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2007/12/29〜2008/1/6

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2007年12月05日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17 400tonプレス及びレベラーフィーダー導入

搬入風景






400tonプレス



レベラーフィーダー

2007年08月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPERDRIVE 14段ギア登場

SUPERDRIVEに14段ギア登場

詳細はコチラ

2007年08月03日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24 夏季休暇について

株式会社ヒカリは、下記のとおり夏季休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2007/8/13〜8/16

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2007年07月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12 18段ギア紹介ムービー

株式会社ヒカリWEBサイト TOPを

SUPERDRIVE 18段ギア紹介ムービーに切り替えました

16ws_img.jpg

詳細はコチラでご確認ください

2007年07月12日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.06 ゴールデンウィーク休暇について

株式会社ヒカリは、下記のとおりゴールデンウィーク休暇をいただくことになりました。

休暇期間: 2007/4/29,30、5/3〜5/6

5/1,2は通常営業となっています。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

2007年04月06日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01 ホームページリニューアル

ホームページをフルリニューアルしました。

今までのデザインとはガラリと変わりまったく新たなサイトに生まれ変わりました。

情報発信するために HIKARI.BLOG(本BLOG)開設!!

弊社関連サイト HIMCO. 共々よろしくお願いします。

2007年04月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

世界初 18段ギア 登場

SUPERDRIVEに18段ギア登場

16ws_img.jpg

詳細はコチラ

2007年03月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPERDRIVE 16段ギア

SUPERDRIVEに16段ギア登場

16ws_img.jpg

詳細はコチラ

2007年02月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

10段階レバー式ギア 新発売

10段階レバー式ギア 新発売
sdlv-14_img.jpg

詳細はコチラ

2007年01月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

HIMCO. 線材シリーズ FW50

溶接事業製品
fW50.jpg

詳細はコチラ

2007年01月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

HIMCO. 生地シリーズ発売

HIMCO. にて好評発売中のFOOTPARTSに生地シリーズが登場しました

詳細はコチラ

2006年12月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01 CAD設計・開発事業開始

ヒカリ開発設計では、コスト面、スペック面を通してお客様に喜んでいただける製品を検討/提案をしていく事業を開始しました。

現在でも開発設計は行っていましたが3次元CADの導入・人員増設などにより開発設計部門を設置しました。

お客様から要求された仕様を様々な部材の特性および、部材同士の相性などから入念に検討し、さらに効率よく
生産できることを考慮したうえで作業を進め、お客様からの要求に応えてまいります。

2006年09月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15 応接ルーム(ショールーム)オープン

cam_img_9_sub01.jpg
cam_img_9_sub02.jpg cam_img_9_sub03.jpg

2006年06月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.30 会社設立45周年記念式典

スイスホテル南海大阪(旧 南海サウスタワーホテル大阪)にて

設立45周年記念式典を行いました

2006年05月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01 コーポレートロゴマーク刷新

cam_img_03-1.gif  
  新ヒカリロゴマーク「HIKARI KNIGHT」(ヒカリナイト)
  ユニコーン(一角獣)は、あらゆるものに打ち勝つ力の象徴です。
また、同時に謙虚さを意味する最も多価値的な象徴のひとつです。
それは古代より騎士の『英知と力と勇気』を示す徴でもありました。
社員(=英知)の技術(=力)とチャレンジ(=勇気)による社業発展を、
力強くしなやかなユニコーンのモチーフに込めました。

2006年04月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

Categories

  • News&Topics
  • ヒカリ 開発の取組
  • 座椅子”喜贈”プロジェクト
  • 新製品のご紹介